ドゥカティ

ニュースその1

ドゥカティ(Ducati)とは、イタリアのボローニャを拠点とするオートバイメーカー・販売会社であります。アウディは2012年4月にドゥカティを買収しました。以前はドカティとも表記されました。1952年まで製造していたカメラのメーカーとしては一般的にデュカティと表記されていました。車検証には昔はドカテイと記載されていたが、最近はドゥカティと記載されています。
1926年にアントニオ・カヴァリエリ・ドゥカティの息子達であるブルーノ・ドゥカティ、アドリアノ・ドゥカティ、マルチェロ・ドゥカティの3人兄弟が Societa Radio Brevetti Ducati を設立しました。当初はラジオや無線の部品製造会社でありましたが、その後は家庭用ラジオや電気剃刀やといったさまざまな電気あるいは機械製品をも手がけるようになりました。当時イタリアはベニート・ムッソリーニの政策により急速に工業化を進めており、ドゥカティも急成長して1939年には従業員7000人の大企業へと成長しました。しかし第二次世界大戦により大きな被害を受け、産業復興公社(IRI)の支援を受けることとなったのです。
ちょうどその頃トリノにあったシアタ社は原動機付き自転車クッチョロ(Cucciolo、子犬の意)を発売してベストセラーとなっており、エンジンのOEM生産先を探していました。その事情を産業復興公社が知ってドゥカティを紹介し、1946年ドゥカティでエンジンを生産することになったのです。ドゥカティは1947年には販売権を獲得し、改良しつつ総計25万台以上を販売しました。当時はピアジオのベスパとイノチェンティのランブレッタがライバルで、優秀さをアピールするためレースに出場するようになりました。
産業復興公社の元でドゥカティはカメラの製造も手掛けました。ソーニョとシンプレックスが知られ、どちらも一般的なカメラと逆で「カメラを構えて左手側」が巻き上げノブであります。しかしカメラ事業はあまりうまく行かず、結果今日では珍品としてマニアに人気があり高価に取引されています。
会社が発展したため、1953年創立からの分野である通信機器部門とオートバイ部門の2つに会社が分割されました。なお通信機器部門もドゥカティ・エネルジアとして今日も存在するが、現在のオートバイメーカーとしてのドゥカティとの関係はなくなっています。

製造販売する車種の特徴
Lツイン…過去には単気筒エンジンや並列2気筒エンジン搭載のモデルもありましたが、ほとんどのモデルは90度V型2気筒エンジンを搭載しています。他社の殆どVツインと違い前バンクシリンダーをぎりぎりまで前輪に近付けエンジンの搭載箇所を低くしてあります。そのため横から見ると”V”というよりアルファベットの”L”に見えることからドゥカティではこのエンジンをLツインと称しています。
デスモドロミック…エンジンにデスモドロミックと呼ばれる強制バルブ開閉システムを採用しており、「デスモ」と略称されています。現行機種は全てデスモドロミック機構を搭載しています。ドゥカティでは1956年の125ccGP用レーサーに初めて採用され、市販車への採用は1968年マークIIIデスモシリーズが最初であります。
ベベルギア駆動…オートバイ用エンジンでは一般にエンジン内部に組み込まれているチェーンによってオーバーヘッドカムシャフトを駆動する例が多いが、以前のドゥカティではベベルギアによって駆動していました。ベベルギアケースはエンジンの外観上の特徴ともなっています。
コグドベルト駆動…ベベルギア駆動に代わって500SLパンタで採用され、以後全てのモデルに採用されました。自動車では非常に一般的な方法であるがオートバイ用エンジンでは珍しいです。
鋼管トレリスフレーム…フレームは鋼管をトラス形状に組んで製作されています。以前トレリスフレーム以外のフレーム形式を採用したモデルもありましたが、現在はラインナップから外れています。
レース参加とオートバイ製品の歴史
ドゥカティは比較的初期の段階からレース活動を積極的に続けており、レース活動で得たデータを活かして公道用市販車の開発に積極的に役立てるのもドゥカティの特徴の一つとなっています。他のメーカーでもレース活動から公道用市販車へのフィードバックは行なわれていますが、公道用市販車がレース活動で使われている車両とこれほど密接な関係にあるのは珍しいです。
1946年 - クッチョロ(Cucciolo、子犬の意)生産開始。50cc1.25馬力で最高時速50km/h。
1954年 - エンジン設計主任としてファビオ・タリオーニ(Fabio Taglioni )がFBモンディアルから転職、1955年3月にはカムシャフトをベベルギア駆動する100ccOHCエンジンを搭載した100ccグラン・スポルト・レーサー、愛称マリアンナ(Marianna )を設計。
1956年 - 世界グランプリに参戦、125ccGP用レーサーにドゥカティとしては初めてデスモドロミック機構を採用。
1956年 - マークIIIシリーズに市販車として初めてデスモドロミック機構を採用。
1964年 - 5速ミッション採用。
1964年 - 後ろ側エンジンマウントの幅を拡げ、ミッション、オイルポンプが強化された。これ以降のエンジンはワイドケースと俗称されます。
1970年 - 現在の主力商品である大排気量Lツインの元祖、750GTをミラノショーで発表。
1972年 - イモラ200マイルレースにてデスモLツイン750ccレーサーがデビュー戦でワンツーフィニッシュ。優勝はポール・スマート(Paul Smart )、2位はブルーノ・スパッジアーリ(Bruno Spaggiari )。
1974年 - 750GTにデスモドロミック機構を搭載しカウルを装着したスポーツモデル750SSをイモラレプリカとして発表。単気筒モデルを製造中止になりました。
1975年 - 750GTを大排気量化した860GTを設計する際デザイナーにジョルジェット・ジウジアーロを迎え、クランクケースが角形になりました。
1978年 - マン島TTレースで当時の強敵ホンダRCBを破ってマイク・ヘイルウッドの乗るNCRの900SSが優勝。
1979年 - マイク・ヘイルウッド・レプリカを発売。
1978年 - 伝統のベベルギア駆動ではなくカムシャフトをコグドベルト駆動する初めてのモデル500SLパンタ発売。以後600SLパンタ、650SLパンタと進化しました。
1983年 - カジバと提携。
1985年 - 750F1パンタ発売。同年マイク・ヘイルウッド・レプリカの最終モデルミッレが製造中止となり、ベベルギア駆動からコグドベルト駆動への世代交代が完了した。カジバに買収され傘下に入りました。
1986年 - カジバの設計者マッシモ・タンブリーニにより設計されたパゾ発売。
1988年 - スーパーバイク世界選手権が始まり851で最初から参戦、2006年までの19年の間に12人の年間チャンピオンを輩出しています。
1998年7月 - カジバ傘下からアメリカテキサスのパシフィックグループ傘下に移りました。
2003年 - ロードレース世界選手権の最高峰MotoGPクラスに参戦しホンダやヤマハに次ぐ勝利数を挙げるメーカーとなっています。
2007年 - ワークス契約ライダーのケーシー・ストーナーとドゥカティ・マルボロチームがMotoGPクラスで年間優勝、ドゥカティ初の3部門(ライダーズ、コンストラクターズ、チーム)すべての制覇を成し遂げました。日本メーカー以外のマシンが世界最高峰のオートバイレースで年間優勝したのは1974年のMVアグスタ以来33年ぶり。MotoGPで出場していた車両(デスモセディチ)を基に一般公道走行可能にした車種が発売されました。
2012年 - 4月18日、ドイツの自動車メーカーアウディはドゥカティを傘下に持つ投資会社インベストインダストリアル・ホールディングスから株式を取得し、同社を買収したと発表しました。
主な車種
ドゥカティ・1098‐「スーパーバイクシリーズ」の車種でありスーパースポーツに分類されています。
ドゥカティ・F1シリーズ‐1985年から1988年まで販売されていました。主力車種であった750F1やその高性能限定版の他に、排気量縮小版である350F3や400F3も登場。
ドゥカティ・851‐1988年から1994年まで販売されていました。851の発展形である888が登場。なお、このシリーズの別名でもある「スーパーバイク」には、「スーパーバイク世界選手権のための車種」といった意味が込められています。
ドゥカティ・999‐ドゥカティが製造・販売していた998cc(999Rのみ999cc)の4ストロークL型2気筒の大型自動二輪(オートバイ)であります。
ドゥカティ・SS‐サーキットにおける競技走行よりも、一般の舗装路における走りを楽しむことを主眼に置いて製作されたモデルであります。やや前傾がきつい乗車姿勢となります。どのシリーズでも、空冷4ストロークデスモドロミック2バルブ90度V型2気筒の通称「Lツイン」エンジンを採用、外装としてカウルが装着されています。
ドゥカティ・ST‐ツアラーに分類され、長距離走行に適した装備となっています。名称はスポーツツーリング(Sports Touring )の意。
ドゥカティ・ストリートファイター‐2009年、1098のエンジンをキャスターを寝かせホイールベースを延長、アップハンドルを採用するなど市街地走行に対応させたシャーシに搭載したオートバイとして発表されました。
ドゥカティ・スポーツクラシック‐クラシカルな外観を持つスポーツバイクの一シリーズであります。
ドゥカティ・ディアベル‐2011年にドゥカティから発売されているクルーザータイプのオートバイであります。シリーズ車種として数種類の仕様が発売されています。
ドゥカティ・デスモセディチ‐ロードレース世界選手権MotoGPクラス参戦を目的としたドゥカティのレース専用オートバイであります。また、デスモセディチの性能をほぼ受け継いだ公道仕様車も存在してます。
ドゥカティ・パゾ‐1986年から1992年まで販売されていました。なお車種名の「パゾ」は、「パソ」と表記されることもあります。
ドゥカティ・ムルティストラーダ‐いわゆるデュアルパーパスタイプとみなされることもありますが、実際の未舗装路の走行能力は低く、特性としてはオンロードタイプに分類されています。
ドゥカティ・モンスター‐1993年から製造販売するオートバイの車種であります。設計はミゲール・A・ガルーツィ。
ニュースその2