インディアン

ニュースその1

1901年にその前身が設立され1923年その名となったオートバイメーカーインディアン・モトサイクル(Indian Motocycle Company,Inc )アメリカ合衆国で最も古いオートバイのブランドであります。
ほとんどのバイクが後輪を駆動するのに革ベルトを用いていた時代に、インディアンの第1号車はチェーンを使用していました。1920年代を通して排気量750ccと1,000ccのSVエンジンを搭載しハーレーダビッドソンよりも高級路線であり、高性能・高品質の代名詞となったのです。
日本でも警視庁がバイクによる交通違反取り締まりを1918年にスタートさせた際に採用され、“赤バイ”と呼ばれて親しまれたことでも知られています。またチーフは塩谷隆志の小説エスパーオートバイシリーズの主人公になっています。
1940年代のピーク時には世界最大の規模で3,000人が働いていましたが、自動車の台頭などにより売上が落ち、1953年には元あった工場を閉め、1959年には会社を解散しました。その後は幾人かのオーナーに引き継がれましたが倒産が繰り返されています。
現在でこそ存続しない幻のメーカー となってしまいましたが、その人気は非常に高く、希少なヴィンテージ車両は プレミア価格で取引されるほど絶大な人気があります。アメリカンバイク好きには渇望の、憧れのブランドとして君臨している、現在もまだこの幻のバイクを愛するバイカー達の熱い想いがウェアーとして蘇りました。

ブランドゆかりのロゴ、写真、サービスショップのマークなどを盛り込んだ作品は魅力に溢れています。オリジナルに忠実な復刻商品で定評があり 、そんなブランドのイメージを踏襲したウエアもまた、人気が高いのです。まだまだとどまる所を知らないインディアンモーターサイクルの動向に注目です。

歴史
1901年5月 - マサチューセッツ州スプリングフィールドに、バイクレーサーのジョージ・マロリー・ヘンディー(George Mallory Hendee )とエンジニアのカール・オスカー・ヘッドストローム(Carl Oscar Hedstrom )によってヘンディー・マニュファクチュアリング・カンパニー(Hendee Manufacturing Company )として設立され、第一号車である原動機付き自転車を3台製作しました。
1902年 - 143台のバイクを製造。
1907年 - V型2気筒エンジンの製造を始めました。
1911年 - マン島でのツーリストトロフィー・レースでV型2気筒7馬力の新型エンジンを登場させ1 - 3位を独占しました。
1914年 - 電気式スターターを採用しました。サンディエゴとニューヨーク間で競われたアメリカ横断レースを11日12時間10分で優勝。
1918年 - 1気筒辺り4バルブの高性能エンジンを製作。この年日本の警視庁がバイクによる交通違反の取締をスタートさせた際に採用し、1920年には50台を越していました。
1920年 - V型2気筒600ccのスカウト(Scout )発売。
1922年 - V型2気筒1000ccのチーフ(Chief )発売。
1923年 - チーフのエンジンが1200ccに大型化されました。インディアン・モトサイクル(Indian Motocycle Company,Inc )に社名変更しました。
1927年 - エース・モーター・コーポレーション(Ace Motor Corporation )を買収しその技術により直列4気筒のエース(Ace )発売、後このモデルはフォー(Four )となりました。
1928年 - V型2気筒750ccのスカウト101発売。
1940年 - この後トレードマークとなった大型フェンダーを装備。
1950年 - 1300ccエンジンが登場。
1953年 - スプリングフィールドでの製造が中止となり、後イギリス人の新オーナーがチコピー市に移転して生産再開しました。
1959年 - 会社解散。その後は投資家による再興と倒産を繰り返しています。
1993年 - 日本に商標「Indian」の管理会社として、株式会社インディアンモトサイクルカンパニージャパン設立されました。
2006年 - 米国に新生インディアン・モーターサイクル社が設立されました。
2008年 - V型2気筒1720ccのチーフ(Chief )発売。
2010年 - 日本における発売を開始。
2011年 - ポラリス社が米国インディアン・モーターサイクル社の経営権を取得。
主な車種
Chief Classic
Chief Vintage
Chief Roadmaster
ニュースその2