トライアンフ

ニュースその1

トライアンフ(Triumph )は、イギリスを拠点とするオートバイ製造販売会社、およびそのブランドです。
現存する最古のオートバイ製造販売会社のひとつでありますが、その社名や経営母体は幾度もの変遷を経ています。現在の会社名は「トライアンフ・モーターサイクル」(Triumph Motorcycles Ltd )です。
ニュルンベルク出身のユダヤ系ドイツ人であったシーグフリード・ベットマン(Siegfried Bettmann )が、イギリスのロンドンで1885年に設立した輸入貿易会社「ジークフリード・ベットマン貿易会社」(Siegfried Bettmann & Co. Import-Export Agency )がトライアンフの原型です。会社設立から暫くして、当時普及しはじめていた自転車を扱うようになります。当初は別の製造会社から仕入れた完成車を違う名称で販売していましたが、新たな商標名として「トライアンフ」を考案、売上げを伸ばすようになります。やがて販売だけでなく自転車そのものの製造を計画したベットマンは1887年にコヴェントリーに移って「トライアンフ・サイクル」(Triumph Cycle Co.Ltd )を設立、自社生産の自転車を販売する会社となりました。
やがて19世紀末頃になると自転車のような新種の乗り物としてオートバイが登場しはじめ、トライアンフも自転車に代わる新たな乗り物として注目します。そして1902年には、他社製エンジンを自社製フレームに搭載したオートバイナンバー1を生産。やがて1905年にはエンジンも含めたほぼ完全な自社生産車が登場、1906年には社名も「トライアンフ・エンジニアリング」(Triumph Engineering Co.Ltd )となりました。
オートバイ専門となったトライアンフは社名を再び「トライアンフ・エンジニアリング」とし、元アリエル開発者のエドワード・ターナー(Edward Turner )を新たな主任技師としてトライアンフを立て直していきます。
トライアンフ再建はペイジの開発した車種を基に改良することからはじまったのです。第一歩は単気筒のタイガー系列からでしたが、1938年に登場したスピードツインが再建への節目となりました。この車種は当時並列2気筒というだけで珍しかったですが、単気筒が全盛だった時代に単気筒車種よりもわずかに軽量で最高速も優るという性能で、車両価格は単気筒よりわずかに高いだけという設定が驚異的であり、スピードツインは大いに売れてトライアンフの財政を一気に好転させる一因となりました。さらに翌1939年にはスピードツインの高性能版としてタイガー100が登場、34hp、最高速度160km/hで人気を博しました。

主な車種
トライアンフでは、同じ車種名を長期に渡って使い続ける傾向があり、年式によっては同名車種でもその外観などに大きな違いがある例が多いです。特にヒンクレー時代と、それ以前のコヴェントリー時代・メリデン時代とでは、同名車種でもまったく違うタイプの違う車種となっている場合があるので注意が必要です。
<現行車種>
アーバンスポーツ…走りを重視したいわゆるオンロードタイプが主体のカテゴリーで、日本国内では一番売れているカテゴリーでもあります。このカテゴリーの車種は、多くがカウルを装着しており、水冷並列3気筒というオートバイとしては珍しい形式のエンジンを搭載し、その独特の出力特性や鼓動感が特徴となっています。スーパースポーツタイプやツアラータイプ、そしてデュアルパーパスタイプもここに含まれております。
デイトナ - スーパースポーツタイプの車種。
スピードトリプル - ネイキッドタイプの車種。
ストリートトリプル - ネイキッドタイプの車種。
スプリント - ツアラータイプの車種。
タイガー - デュアルパーパスタイプの車種だが、ツアラーとしての要素が強い。
モダンクラシック…かつてのメリデン・トライアンフを彷彿とさせる懐古調の外観を持つカテゴリー。空冷並列2気筒エンジンを搭載し、適度な鼓動感を演出した乗り味が特徴であります。
ボンネビル - 一般的なクラシックスタイルの車種。
スラクストン - カフェレーサータイプの車種。
スクランブラー - 名前通りスクランブラータイプの車種。
クルーザー…「アメリカンタイプ」とも呼ばれる車体種別の車種を集めたカテゴリーで、スピードマスター、アメリカはボンネビルと同じ空冷並列2気筒エンジンだが270度クランクを採用しています。また、サンダーバードは1597ccの水冷並列2気筒となっています。そして、ロケットスリーシリーズは、量産車では世界最大排気量エンジン(2294cc並列水冷3気筒)を搭載してます。
アメリカ - 865ccエンジン搭載。スポークホイール装備。日本では未発売。
スピードマスター - 865ccエンジン搭載。キャストホイール装備。
サンダーバード - 1597ccエンジン搭載。
ロケットスリーロードスター - 2294ccエンジン搭載。
ロケットスリーツーリング - 2294ccエンジン搭載。ツーリング用装備が充実したモデル。サイドパニアケース、スクリーンは標準装備。
<過去の車種>
メリデン時代…5Tスピードツイン,6Tサンダーバード,TR5トロフィー,TR6トロフィー,T120ボンネビル,T140ボンネビル,T110タイガー,T100タイガー,TR7タイガー,3TA,5TA,T100A,TR5T,タイガーカブ(T20),テリア(T15)
コヴェントリー時代…5Tスピードツイン,タイガー100,タイガー70,タイガー80,タイガー90,モデルP,モデルR
ヒンクレー時代…アドベンチュラー,トロフィー900,トロフィー1200,トライデント,スプリント,スピード・フォア,TT600,ロケット3
ニュースその2